Hatena::Groupweb

vantguarde

 | 

3.18

Safari 3.1の英語化

00:05

Program Files/Safari/*.resources の中にあるja.lprojの中身をen.lproj (English.lproj)の中身で上書けば英語になるよ!

Safari 3.1

22:30

Apple Releases Safari 3.1

出ました正式版(リリースノート)。Windowsもようやくこれで正式版ですね。わーい。

WebKitのバージョンを見る限り、先週配布されたseedに近いんじゃないかと思います。

Acid3は75点でした。昨日で93点なので、3.2あたりで100点になるのかもしれませんね。

3.1はWebFontsとかHTML5のストレージ機能の他にも、CSS Animationとか妙なのも入ってるので結構楽しめるかも。Selectors APIも早速使えますね。

XHTML Media Types (2nd Ed.)

| 22:04

XHTML Media Types - Second Edition (Editor's Draft)

XHTML Media Typesが改訂の動きです。

変更点と言えるかどうかは分かりませんが、一番端的に2nd Ed.の目的を表している部分をピックアップ。

In summary, 'application/xhtml+xml' SHOULD be used for XHTML Family documents, and the use of 'text/html' SHOULD be limited to HTML-compatible XHTML Family documents intended for delivery to user agents that do not explciitly accept 'application/xhtml+xml'.

*

「app/xhtml+xmlはXHTML Familyに使われるべきで、text/htmlはHTML-compatibleなXHTML Familyに限定されるべきだ。」となってます。今までもMAYにはなっていたtext/htmlが許容される条件がすこし明確になったことで、M12n以降のXHTMLが利用しやすくなるかも。

text/htmlのところに、もうちょっと具体的な条件が書かれています。

The 'text/html' media type [RFC2854] is primarily for HTML, not for XHTML. In general, this media type is NOT suitable for XHTML except when the XHTML is carefully constructed (see Appendix A. In particular, 'text/html' is NOT suitable for XHTML Family document types that add elements and attributes from foreign namespaces, such as XHTML+MathML [XHTML+MathML].

*

Media TypesのCompatibility Guidelinesに沿うものであれば、text/htmlを利用できるってことですね。一方XHTML+MathMLのように、他のNamespaceから要素や属性を加えるような文書型には適さないとされています。

Compatibility Guidelinesは今のところXHTML 1.0のものをそのまま持ってきてるのですが、XHTML 1.1やBasicなども含めた修正が今後行われることになります。

というわけで、(ガイドラインに沿えば)XHTML 1.1をある意味「合法的」にIEで表示できるようになりそうです。1.1に限らず、RDFaとかWAI-ARIARole/Accessなんかも使えると思います。これらはXHTML Moduleやカメレオンスキーマなので、他のNamespaceから取り入れたものではないと解釈できますし。

とはいえ、今みたいに整形式でもないXHTMLくずれが許されるわけではないです。1.0ならOKなんじゃみたいな空気もありますが、整形式にするのは必須要件なので、守りましょうね(と、はてなで言ってみる)。

 | 
Contact: @vant / lepetitcroissant@gmail.com.