Hatena::Groupweb

vantguarde

1.15

どんな検索結果からここにたどり着いてるか

| 03:51

またちまちまここで書くようになったわけですが、そうそう、リンク元にあるGoogleの検索結果が読みづらいのをなんとかしたいなあと思ってたのを思い出して、ちょっと書いてみました。

(function (){
  var a = document.querySelectorAll('.refererlist a[href*="google.co"][href*="/search?"]');
  var r = /[\?\u0026;]q=(.*?)(\u0026|$)/;
  var s = /\+/g;
  for (var i=0, l=a.length; i<l; i++) {
    a[i].textContent = '【Google】' + decodeURI(a[i].href.match(r)[1]).replace(s, ' ');
  }
})();

妙に時間がかかった上にいろいろいけてない気がする。あとHatena::Letでぽちぽち書いてたんですがどう考えてもFirebugとかWeb Inspector使ったほうが早いですよね。消えたい。

気をとりなおして。クエリを見ると面白いですね。「html5 section article」「html5 section 使い方」とかは予想してたんですけど、「html5 meta charset」「li スペース」なんかはなるほどなあと。書いてた書いてた。しかしcharsetなんか検索して何になるんですかねえ。

あとasidenavについては何もクエリがなかったのが面白いなと。ここで書いてないのか、興味がないのかどっちなのかしら。

asideって一番使うの難しいと思うんですけどね。

2.13

this !== window

| 14:07

ひゃー。

'this' in the global scope in JS shouldn't return the window object, it should return the proxy.

(X)HTML5 Tracking - 2811

というわけで、グローバルオブジェクトがWindowである場合、thisWindowオブジェクトを返さずに、その中にあるWindowProxyオブジェクトを返すように、っていう変更がHTML5で行われました。

経緯はいまいちよく分からないのですが、IRCのログとかメールでの言及が参考になるかなと。たぶん、nested browsing contextとそのナビゲーションあたりに関係してくるのかなと思いますが、さっぱり。

結構互換性に問題が出そうな変更ですが、Geckoも内部的にふたつのwindowを持っているっぽいので、考えとしては突飛なものではないのかなあとも。

いろいろ分かってないひとが書いているので、だれか詳しく説明してくれるといいですね。This Week in HTML5あたりで取り上げられるとは思いますが。

Contact: @vant / lepetitcroissant@gmail.com.