Hatena::Groupweb

vantguarde

 | 

5.13

Android smartphone ― qHD display

| 04:21

来週はdocomoとauの発表会らしく、いろんなところでカタログのリークやら、先行発表やらがあります。

OTAもしくはMacでアップデートできるようになってくれたら買いたいんですよね。I/Oで結構なベンダーがアップデートの保証はしてくれましたけど、OTAとかMac対応については分かりませんし……

それはさておき、気になっているのがqHDの端末が最近出てきていること。qHDとはHDの1/4という解像度、つまり540×960になります。HTCのPyramidとか、夏モデルではシャープの端末がqHDみたいです。

はい、540なんです。

これまでAndroidスマートフォンの主流は横が480で、縦が800もしくは854でした。で、これら標準ブラウザーって、幅が320のiPhone 3やそれに依存したサイトとの互換性をとるために、1CSSピクセルを1.5デバイスピクセルで描画しています。(iPhone 4も1CSSピクセルを2デバイスピクセルで描画しています。)window.devicePixelRatioなんてプロパティやdevice-pixel-ratioなんてmedia featureを拡張してるブラウザもあります。

しかし540です。480であれば480/320=1.5でまだきりよく割れていたのですが、540/320=1.6875になっちゃいます。なので、1CSSピクセルが1.7デバイスピクセルくらいで描画されることになりそうです。1.5では丸めのせいか、描画が2pxや1pxになってしまう問題があるようですが、1.7だとどうなんでしょうかね。

でもこれは、端末がhdpiグループに属してればの話で、実際どうなのかがわかりません。Androidのドキュメンテーションを読むと、たぶんhdpiだと思うんですが。

hdpiでも、それはそれで問題がありそうです。シャープの夏モデルを例に取ると、3Dとかそれ系の端末は画面サイズが4.2インチで、もう片方のケータイみたいな端末は3.7インチです。画面サイズが違っても解像度は同じ、というわけでピクセル密度が違うんです。前者のは260くらいですが、後者は300に近いです。IS05も290くらいだった記憶があるのですが、こうなるとむしろiPhoneとかIS03とか、その他xhdpiな端末に近いんですよね。

なので、これまでのhdpi(240dpi)をターゲットにしたコンテンツが、実際のピクセル密度が300dpi近い端末でどれくらい耐えられるのか(小さくなりすぎてないか)が気になりますね。綺麗ではあるんでしょうけど。

んーややこしい。ベストプラクティスどころかプラクティスさえ曖昧なのが、ややこしく作ったり考えたりする原因ではあるんですが。

qHD端末、どれくらい増えるんでしょうね。レターボックスなしでHD動画を再生できたりする利点がたぶんあるので、テレビ系のブランドを冠したAndroidスマートフォンなんかはqHDを採用してもおかしくなさそう。

 | 
Contact: @vant / lepetitcroissant@gmail.com.