Hatena::Groupweb

vantguarde

 | 

5.14

mCard ― vCard×microdata

| 00:11

HTMLでメタ情報な界隈はよく分からない盛り上がり方をしてますね。

  • HTML5にmicrodataが追加
  • 「セマンティックHTML/XHTML」予約開始
  • microformatsのvalue-class-pattern
  • GoogleのRich Snippets

なんなんでしょうね一体。

さて、microdataですが、“predefined vocabulary”というセクションが追加されました。

数日前にHixieがvCardがどうのこうの言ってたので、なにかやってるんだとは思ったんですが、そうきましたか。

例はないですが、だいたいhCardと同じです。Implied "n" Optimizationも導入されてるので、参考にしたんでしょう。

<section>
  <h2>profile</h2>
  <dl item=vcard>
    <dt>name:
    <dd itemprop="fn nickname">vantguarde
    <dt>weblog:
    <dd><a href="http://web.g.hatena.ne.jp/vantguarde/" itemprop=url>web:g vantguarde</a>
  </dl>
</section>

たぶんこんな感じ。subtypeの書き方とかは、microformatsよりかなり自由に書けそうな感じです(良く読んでないので例は書いてない)。

昨日「reversed DNS labels無しのプロパティは概念の衝突が起こる」って書きましたが、アイテムの型がvcardの場合は特別な処理をさせるようにするんでしょうね。

発展すれば、「itemcom.example.***って書けば、それ以下のラベル無しアイテムはcom.exampleに属する」とかそんな定義も生まれそうな気がします。良いのか悪いのかは解りませんが。

FOAFとDublin Coreあたりが入ってくれると面白いなあ。

 | 
Contact: @vant / lepetitcroissant@gmail.com.