Hatena::Groupweb

vantguarde

 | 

12.13

State of the Browsable Web (Dec 2008) ― XHTML

| 00:06

2008年12月現在のXHTMLに関する状況をまとめときます。

XHTML Media Types

XHTML Media TypesはSecond Editionが進行中です。XHTML 1.0にあったCompatibility Guidelinesがこちらに移管され、それに沿った上で他のNamespaceから要素や属性を持ってくるもの(XHTML+MathML)ではない文書については、text/htmlを使う場合があるとされました。また、「XML宣言を書かないように」など、ガイドラインにも手が入っています。

IEが8でもapplication/xhtml+xmlに対応しないことや、invalidなものがほとんどであるXHTML崩れが多い中、「互換性」の再定義を行ったという感じでしょうか。

ただ、「text/htmlを使う場合もある」というのは「XMLエラーを直す必要がない」ということではないです。そう思ってる人は滅びればいいのに。

なお、XML的機能を使うことがなければ、HTML 4.01を使うことも検討してはという促しもあります。「とりあえずXHTML」なんていうスタンスではなく、何が自分にとって、そしてユーザーにとって大事なのかを考え、フォーマットを選択する必要があるのではないかと考えます。

XHTML 1.0

XHTML 1.0については、XHTML Media TypesにCompat. Guidelinesを移したため、それを省いたThird Editionが計画中です。

現時点でErrataがないので、「これErrataだろ」ってのがあれば早めにwww-html-editorに投げるといいかもしれません。

XHTML 1.1

XHTML 1.1XHTML Modularization 1.1が出たこともあり、Second Editionに向けて動いています。Errataの修正と、M12nの対応によるXML Schemaのサポートのみが変更点です。target属性なんかは入りません。

XHTML 1.2

XHTML 1.1 2eで何も追加されないのは、PERに持って行くことで勧告に手間をかけないことが目的とされたからです。ただ新しい機能を追加することについても検討はしていて、XHTML 1.2が計画されています。現在のところ、role属性やtarget属性、access要素、RDFa、WAI-ARIAなどなどを検討中です(ARIAとaccessについてはat risk)。全部入りってやつですかね。

XHTML 2.0

M12n 1.1やBasic 1.1がOMAとの絡みで優先されたため、何も動きがなかったXHTML 2.0ですが、それらが一段落したのでスケジュールの引き直しが行われました。LCが2009年3月で、CRは2009年6月だそうです。そうですか。。

その他

CURIEとroleはそろそろCRになるようです。roleはARIAでも使われるので期待ですが、CURIEとかXML的な解釈をしてくれるのかが気になるところです。

M12n 1.1が勧告されたので、それより前に勧告されちゃったBasic 1.1やRDFaの更新が予定されています。ちょっとはタイミングあわせろよと思います。

あ、Basic 1.1はXHTML Basic 1.0とXHTML MPの統合版です。統合の結果XFormsにあったinputmode属性が組み込まれました。ただこれはM12nに逆行してるんじゃとも思います。

ブラウザーの実装については、特に何も進んでいないようです。語彙定義がほとんどなのと、XML傘下という性質上、放っておかれているのかなあと。HTML5にも当てはまるのですが、APIの必要ない要素については、スタイルシートを使えば表現できるので後回しということなのかも。

 | 
Contact: @vant / lepetitcroissant@gmail.com.