Hatena::Groupweb

html5

HTML5

HTML5とは

WHATWGとW3CのHTML WGが策定する仕様。

HTML5の構成

名称に「HTML」とあるものの、これまでのHTMLやXHTMLとは違う。

  • 語彙定義(意味や内容モデル)
  • 「クラシックHTML」構文(非SGML)
  • DOMインターフェース
    • 要素や属性のインターフェース(DOM2 HTMLの置き換え)
    • アプリケーション用API(canvas, audio/video, etc.)
  • 各種要件
    • DOMへのシリアライズ処理
    • データ取得のアルゴリズム
    • より厳密な適合要件
  • 関連するWeb技術
    • Worker, Navigator, and much more

など、いろんなのが合わさったものがHTML5。HTML4+DOM+その他+処理要件といったところ

XML構文

HTML5仕様ではクラシックHTML構文(のtokenization)が定義されているが、XMLも利用することができる。XMLでHTML5を記述する場合は、application/xhtml+xmlを利用する必要がある。

要素の意味

menuなど大幅に意味を変更したものから、bi, smallなど、定義がリファインされたものもある。

適合要件

製作者要件(「こう書いちゃだめ」)と、実装要件(「こう処理しちゃだめ」)という二つの要件に分けられた。このため、実装側では後方互換性のためサポートせざるを得ない「非推奨」の要素も実装可能となっている。

処理用件

Interoperabilityを重視するため、DOMへのシリアライズ方法や投げるべき例外など、その処理が細かく規定されている。ブラウザーの実装により定義が変わることもしばしばある。

HTML5の歴史

  1. XHTMLへの移行を進めていた旧HTML WG、しかしなかなか進まない
  2. HTMLのメンテをすべきだというMozilla/Operaのポジションペーパーが却下(2004年)
  3. WHATWGがApple, Mozilla, Operaにより組織
  4. Web Forms 2.0, Web Applications 1.0, Web Controls 1.0のドラフト
  5. canvasなどがHTML5に組み込まれる、実装も良好
  6. Tim Berners-LeeがHTML WGのrecharterを宣言(2006年10月)
  7. 新HTML WGが組織(2007年3月)
  8. Web Applications 1.0が新HTMLのベースに採用
  9. W3CよりFPWD公開(2008年1月)
  10. Web Forms 2.0からフォーム関連要素の取り込み(2008年9月)

* はてなダイアリーキーワード:HTML5