Hatena::Groupweb

footer

footer

仕様書の定義

カテゴリー
Flow content
記述可能箇所
Flow contentを内容モデルに持つ要素内
内容モデル
Flow content。ただし、heading content, sectioning contentや、footer要素を子孫に持つ事はできない

footer要素はセクションに適用するフッターを表します。フッターは多くの場合、セクションの著者、関連文書へのリンク、著作権情報など、そのセクションに関連する情報を含みます。

footer内のコンタクト情報は、address要素でマークアップされるべきです。

フッターはセクションの最後に記述する必要はありません。ただ、最後に現れる事は多いです。

次の例ではふたつのフッターを見る事ができます。同じ内容ですが、一つは上に、一つは下にあります。

<body>
 <footer><a href="../">Back to index...</a></footer>
 <header>
  <h1>Lorem ipsum</h1>
  <h2>The ipsum of all lorems</h2>
 </header>
 <p>A dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod
 tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim
 veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex
 ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in
 voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla
 pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in
 culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.</p>
 <footer><a href="../">Back to index...</a></footer>
</body>

メモ

Copyrightをaddress要素でマークアップするものをよく見かけますが、これはほとんどの場合において適切ではありません*1。著作権者の名前はCopyrightに書かれてはいますが、それが連絡先として適切に機能する事例がほとんどないからです。

というわけで、footerにcopyrightを書く場合はpなどでマークアップしましょう。

*1HTML5に限らず、address要素はHTML4においても「連絡先」を表す要素です